'."\n";?> 痛風の初期症状と治療・食事制限

痛風の初期症状と治療・食事制限



痛風の初期症状と治療方法・食事制限について詳しく解説

ある日突然足の指に痛みが!そういう経験をした人はたくさんいるでしょう。

痛風の発作は何の前触れもなく突然起こり、強烈な痛みを伴うため歩くことすらままならない状態になってしまいます。

痛風の症状は決まって足の親指のつけ根が真っ赤に腫れるという形で現れ、1週間から10日という長期間に渡って激しい痛みが続きます。

しばらくすると症状が治まるため治ったものと思ってしまう人もいますが油断は禁物。

半年から1年程度の期間を経て発作は再び起こり、その間隔はだんだんと短くなっていくのです。

> お酒、食事の許容範囲を正しく理解すれば痛風は怖くない

痛風の主な治療方法

痛風の治療では、「痛風の発作を抑える」「尿酸値を下げて合併症を予防する」という治療法があります。

激しい痛みを抑える
痛風の症状である激痛を抑えるためには対症療法として薬物療法が行われます。痛みや腫れがひどい場合は、非ステロイド抗炎症薬を服用して炎症を抑えます。
早めに薬を服用すれば、苦痛も少なくすむため痛みを感じたら早めに服用することが大切です。

また、このほかに発作の前兆に気づいたときに服用して発作を防ぐ薬もあります。しかし、こういった薬は、痛風の痛みを一時的になくすもので、根本的に痛風を治療するというわけではありません。
そのため発作が治まったら尿酸値を下げる薬などを服用して尿酸値をコントロールする治療を行います。

尿酸値を下げてコントロールする
痛風というのは尿酸値が体の中に蓄積されることで発症する病気のため、痛風の症状が治まったら、痛風の原因である尿酸値を下げます。

尿酸値を下げる治療は薬物療法が中心で同時に食事療法や運動療法などを行い、生活習慣の改善もしていきます。

薬物療法では尿酸がつくられるのを抑える薬や尿酸を排泄を促す薬を用いて治療しますが、食事で尿酸を多くつくる食品をとっていれば元も子もありません。そのため食事療法を同時に行います。

薬物療法で使用される薬は、痛風のタイプや症状の進行度によって異なり、おもに尿酸がつくられるのを抑える薬や尿酸の排泄を促す薬を用います。
腎機能が低下している場合は尿酸の排泄を促す薬を用い、尿酸が通常よりも多くつくられている場合は、尿酸がつくられるのを抑える薬を用います。

尿酸の排泄を促す場合は、急激に行うと尿酸値が急激に低下してしまい、痛風の発作を起こすこともあるので注意が必要です。

痛風は腎障害、尿路結石、高血庄症、糖尿病、高脂血症などの病気を併発しやすいです。そのためこれらの病気を防ぐためには薬物療法や食事療法などを根気よく行い、尿酸値のコントロール続けることが大切です。
痛風の治療には長い時間がかかりますが、医師の指示に従って治療を行えば健康的な生活を送ることができます。

痛風は肝臓などの内臓にまで機能障害がおこります

痛風といえばこの激しい痛みを伴う発作が注目されがちですが、通風の弊害はこれに留まりません。

関節の症状が進行していくうちに、腎臓などの内臓までもが機能障害に冒されていくのです。

痛風にかかりやすいのは男性で、その原因はストレス、アルコール、食生活の偏り、生活のリズムの乱れなどなど、多岐に渡ります。

ここでは、痛風の症状の特徴やその原因、そして対処法を解説していきます。

痛風はそう簡単に改善できる症状ではありませんが、的確な改善方法を知ることで少しずつよい方向へもって行きましょう。

スポンサードリンク

私の痛風の初期症状と治療・食事制限 体験記